FC2ブログ

ひこーき雲に乗せて

ひこーき雲に乗せて、色々な想いを届けたいです。来て下さってありがとうございます♪

ドラマ(おっさんとか、弁護士とか)


米倉涼子さんのドラマは

しっかりと観たことがなく、今回の「リーガルV」が初かも知れません。

(ちょっと、苦手なところがあって・・・)

コチラ ↓

リーガルV~元弁護士 小鳥遊翔子

― 敏腕弁護士だった小鳥遊翔子(米倉)が、ある理由から弁護士資格をはく奪される。
そこで、ワケあり弁護士を集め法律事務所を結成し、以前所属していたエリート弁護士事務所に挑む ―

豪華キャストの一人

海崎勇人(かいざき・はやと)・・・向井理くん
cast02.jpg

「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士。
小鳥遊翔子の元同僚で、恋人か…と噂された男

「元恋人?」とあるので、これから明らかになっていくのでしょうね。


そして、青島圭太(あおしま・けいた)・・・林遣都くん
cast03.jpg

「京極法律事務所」の弁護士。

向井くんのカッコよさと、林遣都くんのかわいさで

ドラマの内容が頭に入ってきませんが

事件に重きを置くのか、その他に視点を広げていくのかが少し曖昧な感じがしました。

これからの展開に期待です。


林遣都君と言えば

「おっさんずラブ」

コチラ ↓

おっさんずラブ

女好きだけど、まったくモテない春田創一(田中圭くん)に

愛を告白してきた相手は

上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)と

同居しているイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都くん)


放送されているときは、全話を観ることができなくて

盛り上がりを横目に、歯がゆい思いでいましたが

Amazonプライムでしっかり観ることができました。

吉田鋼太郎さん、良かったです。

黒澤蝶子(大塚寧々さん)の気持ちがよーくわかります。

丁寧に造られたドラマは、届くものなんですね。


秋ドラマも気になるものがありますが

すべてを観ることはできないな・・・。


向井理くんの情報(WOWOW 連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争など)

ファンの方から教えていただいています。

ありがたいです。

14周年💕


2018年10月13日

デビュー14周年おめでとう!!

IMG_9839.jpg


大好きなTRIPLANE。

大切なTRIPLANEのメンバーさんとファン友さん。

素敵な時間をありがとう。

次に向けて走り出しました。


新しいアーティスト写真。

素敵(´∀`*)

4286675-1600_800.jpg

応援、がんばろ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

立ち止まり考えるチカラをつけたい


Twitterで流れてきました。

古賀史健さん(@fumiken)が書かれているブログの記事。

コチラ ↓

古賀史健さんのnote

「読者をバカにしてはいけない、の意味。」

― 「いまの読者は、ほんとにバカなんですから」 

以前よく一緒に仕事をさせていただいていた年長の編集者が、
ある時期からそんなことを言いはじめた。ぼくが30代の前半だったころの話である。 ―

から始まります。

― 誰かのことを「バカ」だと思っている人は、自分のことを「かしこ」だと思っている。
バカに決まっている自分を「かしこ」と思った瞬間、人はほんとのバカになる。 ―

グイグイと引きこまれました。

そして、こちらの記事も。



正論を口にするときの危うさ。

― 「それはいかがなものか」とケチをつける。そのケチの論拠として、もっともらしい倫理を持ち出したり、
道徳を振りかざしたり、「それによって困っている人」や「傷ついてる人」を捜してきたりして、
正規軍の旗を立てる。いかにもそれが正論であるかのように。 ―


ヒーッ ((((;゚Д゚)))))))

これは、私だ・・・。

体調が悪い中、楽しみにしていたヨシダナギさんの写真展へ出かけた私。

松坂屋側の手順の悪さを書き

恥ずかしいことに正規軍の旗を立て、そして大きく振ってしまった。


古賀さんの言葉は続きます。

― 正論の9割は「理屈で固められたケチ」なのだ。

少なくとも自分が正論めいたことばでなにかを否定したくなったときには、
それくらい用心深くなったほうがいいのだろう。 ―


写真展は素晴らしいもので、ナギさんのトークも充実した一時間半でした。

それは、もう変えようもない事実です。

書く前に用心深く、よくよく考えなくては。

ヾ(_ _。)ハンセイ…

ヨシダナギさん


2018年9月23日

ヨシダナギ写真展「 HEROES 」 松坂屋名古屋店 へ行ってきました。

コチラ ↓

松坂屋名古屋店

トークショーに行きたくて

10時15分から配布される整理券をもらうため

朝、8時45分に、松坂屋へ行きました。

その時点で、45人ほど並んでいました。

10時、開店とともに8階の松坂屋ホールへ。

92番で整理券をもらうことができました。

その後、好きな席を選ぶことができました。

(整理券配布の手順については後程くわしく書きます)

ヨシダナギさん、おしゃべりが少し苦手らしく

マネージャーさんとお二人で登壇。

マネージャーさんがナギさんに問いかけ、ナギさんが答えるという形のトークショーとなりました。

アマゾンに行くための準備、費用(ひと部族の取材で300万ほどかかるそうです)などの話。

写真を撮るとき、センターとなる人は

リーダーシップを取れるムードメーカー的な人を選ぶそうです。

1時間の予定が1時間半近くも話してくださいました。

サイン会の整理券はゲットできず残念。

写真展示も、圧巻でした。

IMG_0567.jpg

IMG_0575.jpg

IMG_0586.jpg

IMG_0587.jpg

ポストカード、クリアファイルを購入。

素敵な時間でした。

ナギさん、名古屋までありがとうございました。


整理券配布について

松坂屋名古屋店は、これほど大盛況になるとは予想できなかったのでしょうか。

私が参加したのはトークショー2日目。

南館一階入り口に並びました。

案内掲示はなし。

地下一階にもバラバラと集まっていらっしゃいます。

10時になり開店。

一階の私たち、地下のみなさん、いっせいに店内へ。

そこから、エスカレーターで8階までダッシュ。

「危ないので走らないでください」と。

誰も聞きませんよね。

(年末、年始のセール開催日のデパート状態)

入り口も何か所かあり、エスカレーター、エレベーターで来る方

みな、ごちゃ混ぜです。

思うのですが

松坂屋は、整理券配布場所は一階入り口と決め、そこに案内など掲示をする。

そして、係の人がアナウンスをする。

(案内も8階へ行くまでなし)

8階まで走らせることはしない。

入り口でもらった整理券を持ち8階まで行き

そこで席決めをすれば良かったのですよ。

赤ちゃんを抱っこしたお父さんもいらっしゃったので

危ないと思いました。

だから、私が並んでいる時点で45人ほどだったのが

いろいろなところから集まるため整理券番号は92番。

並んだ順番ではなくなってしまったのです。

ナギさんも

「朝早くから並んでいただいて、ありがとうございます」と

あいさつされていました。

主催者側のミスとまでは言いませんが

無事、トークショーに参加できてよかった。

明日、もう一日、トークショー、サイン会があります。

何事もなく、無事、終了しますように。

お誕生日おめでとう


IMG_9847.jpg

和也くん、39歳のお誕生日おめでと~!!

素敵な一年をお過ごしください。



「Dear friends」

和也くんの、この敬礼が好き。