FC2ブログ
Welcome to my blog

呉勝浩「ライオン・ブルー」

91XvL_s9yeL.jpg

呉 勝浩 「ライオン・ブルー」(角川書店)

警察は交番が一番や。誰かを守るのに、最も近くにいてやれる。

生まれ故郷である田舎町の交番に異動した澤登耀司、30歳。
過疎化が進む町で、耀司の同期・長原が姿を消した。
県警本部が捜査に全力をあげるも、長原の行方は分からなかった。
事件に巻き込まれたのか。それとも自らの意志なのか。
耀司は先輩警官・晃光の言動に不審を抱きながらも、長原失踪の真相を探っていく。
やがて町のごみ屋敷が放火され、家主・毛利淳一郎の遺体が見つかった。
耀司は、長原が失踪直前に毛利宅を訪ねていたことを掴むが……。

― BOOKデータベースより ―

生まれ故郷である田舎町の交番に異動した澤登耀司の闇。

何を抱え、悩み苦しんでいるのか。

ゆっくりと少しづつ分かってくるのです。

読み進める間に、耀司、上司の福永、そして先輩巡査・晃光たちの輪郭がはっきりとみえてきました。

地元の合併・再開発問題が絡み、有力者(一癖も、二癖もある人物)も

耀司に大きく関わってくる。

再開発に賛成派、反対派のいざこざ、そして同期・長原の失踪。

長原はなぜ老いた母親と姪を残して姿を消してしまったのか。

耀司が警察官になった理由も終盤で書かれています。

Σ( ̄Д ̄) ガーン。

(耀司、そうだったのか・・・) その理由は衝撃でした。


中盤から私が惹かれたのは、先輩巡査の晃光大吾。

彼がまた悪いんですね(='m')

でも、晃光大吾から目が離せません。

地域に密着した交番という狭い世界の中で、何が正義で何が悪なのか。

分からなくなりました。

警察・刑事ものは好きでよく読みますが

「ライオン・ブルー」もおもしろかった。