FC2ブログ
Welcome to my blog

白岩玄さん


朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&M」 で

コチラ ↓

ありのままの20代

読むことができます。

白岩玄さんは、小説『野ブタ。をプロデュース』でデビュー。

デビュー作から、ほとんどの作品を読んでいます。

好きなんですよね。

なぜ惹かれるか・・・。

理由なんていらないのでしょうが。

エッセイを読んでなぜ好きなのかがわかりました!!


― ありのままの20代 ― から少し抜粋。

#01無知の強さ

実はそれまでほとんど小説を読んでこなかった。

#02人気者になりたくて

結局のところ、当時21歳だったぼくの関心は、

自分がどれくらい人気を得られるかにしかなかったのだと思う。

なぜそこまで人気にこだわっていたのか。

それはたぶん、自分に自信がなかったからだ。

ぼくは文章を書くことに自信はあったけど、

自分が満足できるような自己肯定を得るためには、

他人からの称賛が必要だった。

ぼくはなんでも気づくのが遅いのだ。

#04自分の中に自分しかいないと人は病む

ぼくは自分の中に他人を入れようとしなかった。

ぼくはあのとき、頑固でよかったのだと思う。

自分に合った方法でやるしかないからだ。


↑読んで、気になったところを抜き出してみました。

白岩さん、正直すぎて、いい意味でカッコ悪い(='m')

「小説を読んでこなかった」って、言っちゃってるし。

よくTVで 「○○さんの小説が好きすぎて、擦り切れるまで読んでいますよ」

とかいう方いらっしゃるじゃないですか。

あれ、ちょっと苦手なんです。

白岩玄さんの小説が好きなのは

きっと、無意識の間に自分を重ねてしまうから。

自信がなくて、頑固。

あー、同じだ。


白岩玄さんの本は、いつでも待って待って購入。

ありのままの20代

次回の更新も楽しみです。

本になるのでしょうか。

新刊も待ち遠しい。

ワクワクが止まりません。