FC2ブログ

“届かなかった”支援物資

以前、こちらのBlogにも書きました。

コチラ ↓ 2011年10月30日

支援物資置き去り倉庫に6000箱

その支援物資の一部(300箱)が

岩手県陸前高田市と大槌町に届けられました。

~CBC イッポウ より~

今回の発送は「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
 
早稲田大学大学院 西條剛央専任講師からのオファーで実現。

被災地で日々活動し、現地のニーズを把握するボランティアが

役所の仕事に手を貸した。

前乗りした愛知県の職員2人

東京から駆けつけたボランティアスタッフとで

物資を行き先の地区ごとに細かく仕分けた。

大槌町では4700人が仮設住宅で暮らす。

イッポウのカメラは吉里吉里地区まで支援物資の行方を見届けた。

事前の告知もあり配布会場では100人が支援物資を待っていた。

リサーチより、大人用おむつのニーズが高く

不足もあった様だが大きなトラブルも無く

配布は1時間足らずで無事終了。

自治体が引き受けなくても

現地では支援物資を必要とする人がたくさんいる。

名古屋空港の倉庫に放置された6000箱のうち

3500箱の行く先は未だ決まらず。

愛知県はこの先

複数のボランティア団体と交渉を重ね

年内には倉庫を空にしたいと話す。

先週金曜日に1000箱

今日(21日)1500箱が現地に向かっている~

コチラ↓

ふんばろう東日本支援プロジェクト 

Twitter 公式アカウントは

@fjm2011 

0 Comments

Leave a comment