FC2ブログ

愛モル


2008年3月4日生まれ オスのアビシニアン

4月2日、モルモット・フェレットなどを扱う小動物専門店からわが家にやって来ました。

IMG_0318.jpg  IMG_0316.jpg   IMG_0312.jpg


わが家に来てすぐに結膜炎になり、近くの動物病院で目薬をもらいました。

4歳くらいのとき、血尿が出たので連れて行くと

その動物病院では診ることがで出来ないと言われてしまいました。

エキゾチックアニマルを診療、治療する病院へ出かけ診てもらったところ

膀胱炎(オスに多いそうです)という診断。

注射と飲み薬で治療をしましたが、2013年、結石の手術を受けました。

麻酔から覚めないで、そのまま息を引き取る子もいるそうですよ。

ありがたいことに、わが家の愛モルは無事生還しました。

しかし、完全に石を取り除くのは難しく細かい石は残ってしまったそうです。

おしっこのとき、痛いのでキュンと泣くのが見ていて辛かったです。

2014年1月には乳腺炎にもなってしまい、治療を受けましたが

その年の3月5日、生まれて6年と1日で天国へ逝ってしまいました。

(モルモットの平均寿命は6年~8年だそうです)

愛知県清須市にある「ちいさな森」で火葬。

個別火葬、骨壷で17,000円。

お骨は2年ほど、自宅に置いてありましたが

2016年3月13日、「ちいさな森」の合同慰霊祭に出かけ

そのまま合同納骨してもらうことにしました。

2年間の納骨で費用は1万円です。


003.jpg 002.jpg 001_2016031412054375f.jpg

合同慰霊祭の様子ですが

お経もあげてもらい、焼香をしました。

亡くなったペットはワンちゃん、ネコちゃんが多く、中にはウサギもいました。

涙する家族の方もいらっしゃって、かわいがってもらっていた様子を窺い知ることができました。

モルモットで、これほどのことをするのも大げさかなぁ~という気持ちもありますが

初めてわが家にきてくれた愛モル。

納骨も済ませて、ひとつの区切りができホッとしました。


参考までに

膀胱切開術料52,500円で、その間の入院費など計91,455円でした。

亡くなるまでに掛かった治療費総額(手術費用含め)で143,470円。

エサは、牧草、ニンジン、リンゴ、錠剤のビタミンなどを与えていました。


飼うにあたって調べてみましたが、育てるのは楽だと書く方もいらっしゃいましたが

小さくても命を預かるのは大変でした。


これから飼われる方の参考になれば幸いです。




0 Comments

Leave a comment